メインイメージ

印鑑証明書

自動車を廃車する場合、廃車する自動車が普通自動車と軽自動車では必要となる書類の種類が変わります。
どのような自動車でも、車検証、自賠責保険証、リサイクル券、そして運転免許証などの身分証明書は必須となります。

また、軽自動車の廃車では認印でも良いのに対し、普通自動車の廃車の場合は認印ではなく実印が必要になります。
実印と言うのは、市役所や区役所で印鑑を登録してあるもので、実印を使う場合には、印鑑証明書を交付して貰う必要が有ります。

また、印鑑証明書は市役所や区役所で交付を可能にしますが、証明書は一定期間の中で交付されたものを要求されるケースが多いのが特徴です。
証明書自体には有効期限というものは有りませんが、一般的には交付されてから1か月以内や3か月以内のものを添付する必要が有ります。
尚、この印鑑証明書には自ら所有している実印の印影が印字されており、自分の実印と証明書の印影が一致している事を証明するために利用されています。

そのため、実印の証明書は効力と言うものがとても高く、取扱には十分注意を要する印鑑の一つなのです。
実印は、住宅を購入する時や自動車をローンを利用して購入する時などに利用する印鑑で、お金など重要な契約に使われるケースが大半となります。
それ故に、取扱には注意する事と印鑑証明書をむやみに大量に交付するのは良く無いわけです。

所で、この印鑑の証明書というのは、普通自動車を廃車買取りに出す場合に必要になるわけですが、この時必要な書類と言うのは、車検証、自賠責保険証、リサイクル券、譲渡証明書、委任状、実印およびそれの証明書(3か月以内のもの)、身分証明書となります。
しかし、この時注意を要するのが引越しです。

上記の例は、車検証に自らの氏名が書かれている自己所有の普通自動車での必要書類で、引越しを1度している場合や、2度している場合、そして所有権が自分ではない場合には、書類の種類も変わってきます。

例えば、引越しを1度行っている場合は、現在の住まいの住民票が必要になります。
これは市役所や区役所などで交付して貰う事が可能になります。
また、この時、印鑑の証明書も合わせて交付して貰っておくと便利です。

引越しを2度以上行っている場合は、住民票ではなく戸籍附表が必要になり、更に実印の証明書も必要になります。

因みに、これらは全て普通自動車の場合の廃車に必要な書類で、自ら所有する軽自動車の廃車手続きでは、実印ではなく認印を使う事が可能になっています。

Copyright© 2014廃車時の必要書類や注意事項 All Rights Reserved.